ただ、ママになりたいだけなんです!

ただ、ママになりたいだけなんです!

2歳から片側卵巣+多嚢胞+卵管閉塞からの体外受精!~後悔しないで生きたい!看護師の挑戦~

MENU

5歳からの性教育トイレットペーパー①「性的同意」🧻✨

こんばんは🌙✨

本日も訪問ありがとうございます💖

 

今日は5歳からの性教育の教材の紹介です💡

(※①~④まで4種類あります)

 

先日たまたまつけたテレビで紹介しており、性教育をする予定は全くありませんが、興味が沸いてポチってしまいました💻✨

 

通常なら3日程度で発送されるのですが、テレビの反響があり1週間後くらいの発送でした📦

 

そして、やっと届きましたー✨(≧∇≦)✨

f:id:mochimugisun:20210302133726j:plain

 

 

 

実際に受けた学校での性教育

小学生

初めての”性に関する授業”を受けたのは、小学校高学年だったでしょうか?

体育か道徳の授業でした。

 

妊娠するしくみについての授業だったと思いますが、記憶に全く残っていません❕💦

 

 

中学生

中学の保健の授業でもあったと思いますが、こちらも記憶に全く残っていません❕💦

 

 

高校生

高校の保健の授業では、”避妊”に関する授業が1回だけありました。

実際にコンドームを試験管に被せる授業で、望まない妊娠や性病から身体を守るためといった目的の授業でした。

 

いつもはめちゃくちゃうるさい教室が、この授業の時だけ「シーン」と静まり返っていたのをよく覚えています。

 

多感な時期、「性に関する話=タブー」といった雰囲気があったのかもしれません💡

 

 

母からの性教育

小学校の林間学校を控えたある日、母にトイレに呼ばれました。

 

母と二人でトイレにこもります。

 

そして母は、「これからこういうことが起こるんだよ」と自分の生理を見せてくれ、ナプキンの使い方を教えてくれました。

 

そして、私は14歳の時に初経を迎えました。

 

自分では何も気づかなかったのですが、自宅で白い部屋着を着ていた時にお尻に血痕が付着しているのに母が気づき発覚しました。

 

 

ものすごーーーーーーーーく恥ずかしかったです‼!!!!

 

 

「今度お祝いしようね。」

 

 

何のお祝い(*'▽')❔❔❔

 

 

なぜ祝われているのかも知らず、とても高価なランチを2人で食べに行きました🍴✨

 

 

で・す・が!

やっぱり気まずい💦💦💦

 

 

自分の中で「性に関すること=いけないこと」といった認識があったんです。

 

 

大学生になり男女問わず「生理」や「性行為」についてオープンに話している環境に入り(どんな環境❔笑 テニスサークルです🎾)、徐々にタブーといった感覚がなくなり、表に出せるようになりました。

 

そして看護学校に入り、タブーといった感覚を忘れました。

(それもどうかと思うよ(=゚ω゚)ノ)

 

 

5歳からの性教育

今は、小学生のうちに54.1%の子どもが「セックス」という単語を知る時代らしいです💡

 

 

教材の目的

⊛ 性被害を受けるまえに知識をつける(心と身体の被害)

⊛ 性のなやみを素直に聞ける環境を作る

⊛ 日常に性教育

⊛ 性教育をしたい人の「困った」を解決

 

 

性教育に対するハードルを下げようと、トイレットペーパーとボードゲームが誕生したそうです✨✨

 

 

女性トイレの個室には、セクハラやDVを受けた時の相談先の書かれたカードが置いてあることがあります。

 

個室でプライバシーが守られた環境だからこそ、恥ずかしい気持ちを持つことなく知り得ることもあると思います。

 

なので、トイレットペーパーを性教育の教材にするのはとてもナイス❕✨な案だと思いました‼!!!! 

 

 

トイレットペーパー①の中身

ユネスコの国際セクシュアリティ教育ガイダンスをもとに、医師や専門家の監修を経て作成された、性教育トイレットペーパー🧻✨

 

設置する前に知っておきたい知識の載っているガイドブックとセットです📖✨

(ガイドブック&トイレットペーパー4個 ¥2980-)

 

f:id:mochimugisun:20210302131515j:plain

性犯罪の被害者だけでなく、加害者にならないためにも必要な教育が性教育

 

相手の気持ちと自分の気持ちを大切にする。

こどもの「イヤ」という意思を尊重することで、「イヤ」と言うことができるようになる。

(何でもかんでも「イヤ」の通りに物事を進めることではありません) 

 

f:id:mochimugisun:20210302131207j:plain

性器を触れたり露出することがなぜ危険なのか知らないと、「この子は性犯罪にあってもこれがただの遊びだと思ってくれそうだ」と思われてしまう。

 

「触っちゃダメ!」などと叱ると、性についてのタブー感が芽生えてしまい、本当に危険な時に子どもが伝えられなくなってしまう。

 

f:id:mochimugisun:20210302131820j:plain

 よくあるシーン

①カンチョー

②ズボンおろし

③胸を触る

 

放送しているから大丈夫ではない。

相手が嫌じゃないか?を確認してスキンシップをとれば、「そんなつもりじゃなかった」の加害者にはならないですむ。

 

f:id:mochimugisun:20210302132120j:plain

嫌なことをされたら、「イヤ」と言っていい。

 

子どもが「イヤ」と言ったら、まずその気持ちを受け止めることで、犯罪に巻き込まれた時に「イヤ」と言うことができ、誰かに相談することもできる。

 

本人の気持ちは本人しか分からない。

「それくらい」などないがしろにすると、「この人に言うと余計に傷つく」と思われ、相談できなくなってしまう。 

 

 

ガイドブックの中身

⇧トイレットペーパの紹介文のような内容が、イラストや漫画で分かりやすく説明されています✨✨

(1冊 ¥600-)

f:id:mochimugisun:20210302133752j:plain


妊娠・出産・不妊治療もそうですが、どこかタブー感があり表立って話すことが難しい社会だなと思います💦

 

でも、そういうことに限ってものすごく重要なことだと思います。

 

実際にカンチョー・ズボンおろし・スカートめくりは日常茶飯事で流行っていた時期もありました。

「そんなつもりじゃなかった」加害者や被害者には誰もがなり得ると思います。

 

大事な心と体を守るためにも、教育は重要な役割があると思いますし、学校任せはいけないように感じました!(^^)!

 

予定は未定ですが、いつか子どもに恵まれたら設置してみたいです🧻✨✨

 

 

性教育トイレットペーパー②~④は明日から順番に記事にしていきます😊🎵

 

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました💛